喫煙をしているキャバクラ嬢が多いのはストレスが原因

驚きの実態!キャバ嬢の生活スタイル

キャバ嬢はストレスが多いお仕事

キャバ嬢を始めるまでは「喫煙なんて考えられなかった」という女性も多いのですが、実際に仕事を始めるようになってから、喫煙の習慣がついてしまった、という方も多くいます。キャバ嬢のお仕事をしていると、あまり好きにはなれないお客様とも一緒にすごさなければならないですし、お酒が入ることもあり、どうしても色々とストレスがかかってしまうことがあります。そのような時間が長くなってしまうと、当然ながら働く方にとっては、その時間が苦痛になってしまい、喫煙の習慣がついてしまうことがあります。日本では男性は半数以上がいまだ喫煙する習慣がありますが、女性は喫煙習慣は半数にも満たない数字になっています。しかし、喫煙の習慣は意外と止めにくく、一度キャバ嬢で喫煙してしまうと、習慣になってしまうケースも多いようです。

喫煙は精神依存が原因の一つにある

喫煙の習慣は、不安なことやイライラなど、何かストレスがかかってしまったときの精神的な負担を解消しよう、という気持ちから喫煙習慣がついてしまうことがあります。キャバ嬢の方ですと、最初は喫煙の習慣がなくても周囲で喫煙されている方がいると、つい自分も喫煙してしまう、という可能性があります。一度、この習慣がついてしまうと、なかなかその習慣を抑えることができず、習慣が長く続いてしまう可能性があります。そのようなストレスがかかる状況は決して望ましいことではないため、出来る限り早めに解消できるように、生活のスタイル自体を一新するようにすることをお勧めします。

周囲のキャバ嬢の影響も大きい

キャバ嬢で喫煙習慣がついてしまうのは、お仕事の関係上、周囲のキャバ嬢が喫煙する習慣がある、お酒を飲んでいるお客さんもどうしても喫煙の習慣が身についてしまう、という二つの理由が考えられます。一度、そのような習慣が身についてしまうと、なかなか抜け出すことができず、それが習慣化してしまうことがあります。キャバ嬢で喫煙されている方でも、健康に気を使って細いタバコを喫煙している場合もありますが、基本的にタバコはアルコールなどと違い、身体的な依存ではなく、精神の依存から習慣性が高くなってしまうことがあるため、その点を理解していないと、なかなか完全に辞めることは難しいといえます。また、周囲に喫煙を進められたとしても、自分で「吸わない」という明確な意識がないと、完全に断ることができないため、その点ははっきりと自分の考えを持つことをお勧めします。

©2015 キャバ嬢の生活スタイルとはどんな感じでどうあるべきか