昼キャバか夜キャバ!双方の収入の格差はどのくらいなのか

驚きの実態!キャバ嬢の生活スタイル

昼キャバと夜キャバで働く差は?

かつてはキャバ嬢といえば、夜接客するお仕事と考えられていましたが、近年では「昼キャバ」と言われるお仕事も登場するなど、キャバクラのお仕事もずいぶんと広がりを見せるようになりました。昼キャバの方が夜のキャバクラと比較しても金額が安く設定されているということもあり、昼しか遊ぶことができない方に人気が出ています。ただ、給料は、やはり夜のキャバクラの方が客単価も高いこともあり、キャバ嬢のお給料も比例して夜キャバの方が給料設定も高くなる傾向にあります。

生活のリズムが大きく変わってくる

キャバ嬢の昼のキャバクラと夜のキャバクラで大きな生活の違いは生活のリズムが大きく変わってしまう、ということです。昼キャバであれば、働く時間が昼のお仕事と同じ時間帯で働くことができますから、それほど負担なく、継続してお仕事をすることができます。一方で、夜のキャバクラのお仕事となると、どうしても、深夜を過ぎてお酒を飲むことが多くなってしまうため、昼夜逆転した生活のサイクルが身についてしまうことがあります。昼の生活をなるべく送りたい、と考えている方には昼キャバの方が仕事のリズムも崩しにくくお勧めできます。ただ、問題としては昼キャバは現在でもまだ、求人なども少数派ということもあり、なかなか自分の希望するお仕事をぴったりと見つけるにはタイミングなども必要になってしまいます。それに対して、夜キャバのお仕事であれば求人件数も多く、仕事を探しやすいというメリットがあります。

昼キャバと夜キャバだと収入とその生活が違う

昼キャバの女性の場合、昼の普通のお仕事と比べて、楽で稼げるから選ぶ、という方も多くいます。ですが、一般的な常識のお給料と比較しても圧倒的に高額になる、ということは人気や指名が集まらないと、現実的にはなかなか難しいところです。それに対して、夜キャバで働く女性の場合、月収で100万円以上を稼ぐことも十分に可能となる方もいます。そのようなことを考えると、昼キャバと夜キャバで働く女性の大きな違いは、最終的に受け取れる給料の差や、毎月使える現金の差などではっきりと差額が現れてくるようになるでしょう。特に、夜キャバで稼ぐ女性になれば、それだけ収入が安定していることもあり、使える金額も大きいため、セレブぶりにあこがれる方も決して少なくないでしょう。ただ、その差はお仕事や給料状況によっても変わってきますから、自分の働きたいスタイルや目的をしっかりと持つことをお勧めします。

©2015 キャバ嬢の生活スタイルとはどんな感じでどうあるべきか