セレブ系のキャバ嬢と稼ぎの悪いキャバクラ嬢との違い

驚きの実態!キャバ嬢の生活スタイル

働く地域は稼ぎに直結

一般的にセレブと言われるキャバ嬢と、それほど稼ぎが良くないキャバ嬢の差は、東京や大阪の繁華街の中心地なのか、地方都市のキャバクラで働いているのか、という点に収入が大きく差が出てしまうことがあります。都市部では時給に換算しても3000円以上のお仕事は当たり前ですし、人気が出れば月給で100万円以上の収入をもらっている方もいます。そのようなことを考えると、都市部で働いている方は、お給料もかなり安定していますし、最終的に稼げる金額も圧倒的に大きくなるのは当然です。それに対して地方のキャバ嬢になってしまうと、お店の売上の半分から四割が手元に残るような給料スタイルで、週末以外にはあまりお客さんも来ないお店であれば、当然ながらもらえる給料の差は大きなものになってしまうことは仕方がないところではないでしょうか。

バイトの掛けもち感覚はお金にならないことも

キャバ嬢のお仕事といえば、女性のナイトワークの中でもお給料が高いというイメージがありますが、掛けもちで遊び感覚でお仕事をされてしまっている方がいます。一方、セレブな生活をしているキャバ嬢の方は、プロ意識も高く、ファッションスタイルからお仕事での営業トークまで、売上に直結するためにはどうすればいいのか、ということを意識しています。この点がはっきりと最終的に受け取る金額に差となって現れてくる可能性があります。仕事を真剣にされているキャバ嬢の方は、当然ながらお客さんを乗連になってもらう努力もしますが、あまり収入のことを意識されない方や、遊び感覚で仕事をされてしまっている方は、お客様への態度も雑になってしまい、リピーターにつながらず、結果として売上という数字に直結しないため、インセンティブも受け取れないという結果になってしまっている可能性があります。

セレブなキャバ嬢は太い常連を掴むのが上手

セレブな生活をしているキャバ嬢は、特別に可愛い、他の女の子と明らかに違う、というケースはそれほど多くありません。それよりも、お仕事をしていく上で大切な「太い常連を確実に掴む」ための営業トークやサービスをしっかりとしている、という特徴があります。よく来てくれる可能性があるお客さんにどこまでサービス出来るのか、喜んでもらってまた来てもらうために、どのような工夫をするのか、というポイントがしっかりとしていないと、なかなかお店からインセンティブをもらうまでの大きな常連を確保することができませんから、ぜひその点を意識してみてください。

©2015 キャバ嬢の生活スタイルとはどんな感じでどうあるべきか